2006/01/07

10% は Firefox

原文:It's 10% for Firefox by Percy Cabello -- Thursday, January 05, 2006

Web 統計会社の Net Applications によると、昨年 12月を過ぎた時点で、Web ユーザ 10 人のうち 1 人が Firefox を使っているとのこと。他のレポート では Firefox がもっと良い位置につけているものもありますが、2005年は Firefox だけでなく、Opera や Safari といった Web 標準に意識的なほかのブラウザも順調にユーザを獲得した年だったようです。

なぜこうした市場シェアが問題なのか? 簡単に説明すると、Web 標準に準拠したブラウザが増えるほど、特定のブラウザ (例えば Internet Explorer) に特化したサイトではなく Web 標準に準拠したサイトを作るようにとのメッセージを Web サイト製作者に送ることができるのです。そうなると、単に 「あのブラウザではこのサイトは見れないよ」 といった問題から、ユーザにとってより重要な分野 (例:機能、アクセシビリティ、使いやすさ、セキュリティ) へと注目が移るようになるでしょう。

Firefox の成功は、インターネットをより良いものにしたいと思っている人たちが、友人や家族、同僚達に、どうしたら Web 体験を広げることができるのかを宣伝してくれたことによるのは、疑いのないところでしょう。

0コメント:

コメントを投稿

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< トップへ

Copyright (c)2005 by the Mozilla Links Contributors. Mozilla Links(TM) is a publication of the Mozilla Newsletter project under the Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 License.