2006/01/12

Firefox のテーマ変遷

原文:Firefox theme legacy -- Monday, January 09, 2006

多くの有名なアプリケーションと同じく、Firefox はひと目でそれと分かるインターフェースを備えています。最近は、テレビ番組や新聞記事などでスクリーンショットが掲載されることも多くなってきました。

しかし、Firefox は初めから現在のような外観を備えていたわけではありません。4年前に登場したときから変化を重ねてきています。ここでその変遷を振り返ってみましょう。

Phoenix 0.1 が発表されたのは 2002年 9月 23日のことでした。当時はこのような外見でした:

Phoenix 0.1 のスクリーンショット

このテーマは Orbit は呼ばれ、信じられないかもしれませんが、現在でも利用できます。完全に同じというわけではありませんが、Orbit 3+1 テーマとして addons.mozilla.org からダウンロードできます。検索バーがないことが分かりますが、ツールバーのカスタムはすでに可能になっていました。

2003年 5月 14日まで一気に飛びましょう。Phoenix という名前が Firebird へと変更され、オープンソースコミュニティの間で論争が巻き起こり、最も激しい論争のひとつへと発展しました。というのも、Firebird という名前は オープンソースデータベース プロジェクトの名前でもあったからです。とりあえずもその 3 日後、アプリケーションはアップデートを施され、Firebird 0.6 としてリリースされました。新しいバージョンでは、新しいテーマになっていることが分かります。これは Qute と呼ばれ、Arvid Axelsson によって開発されたものでした。

Firebird 0.6 のスクリーンショット

この Qute テーマは現在も Arvid Axelsson 自身によって管理されており、addons.mozilla.org から入手できます。

2004年 2月 9日、Mozilla Foundation は平和を求めて、Firebird という名前をあきらめます。そして新しいリリースは Firefox 0.8 となりました。

ライセンス面での了解が不明瞭であったため、Firefox 0.9 では Qute は却下され、Mozilla Visual Identity Team の Kevin Garrich と Stephen Horlander によって作成され、現在では Winstripe Classic として知られるテーマに換わりました。この変更の背景には、すべてのプラットフォーム (Windows、Mac OS そして Linux) で共通のテーマを備え、同時にそれぞれのプラットフォームの標準的な見た目を取り込もうというものでした。

Firefox 0.9 のスクリーンショット

このテーマも同じく addons.mozilla.org から入手できます。

そして最後に、改良されたオプションウィンドウやライブブックマークアイコン、新しいアイコンセットを備えた、今日 Firefox 1.5 で採用され Winstripe 2.0 として知られるテーマになりました。

Firefox 1.5 のスクリーンショット

0コメント:

コメントを投稿

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< トップへ

Copyright (c)2005 by the Mozilla Links Contributors. Mozilla Links(TM) is a publication of the Mozilla Newsletter project under the Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 License.