2006/01/21

Firefox のプライバシー問題

原文:On privacy concerns over Firefox by Percy Cabello -- Friday, January 20, 2006

今回の記事はちょっとテクニカルなものになります。

Google の検索結果をクリックすると、ユーザは気づきませんが、ブラウザは Google にアクセスしています。Google のサーバはこのアクセスを受けて、探しているコンテンツがどこにあるのかをブラウザに教えます。ブラウザは、それから最終目的地のサーバにアクセスします。このメカニズムはリダイレクションと呼ばれ、Google は検索条件に最適な結果を知るために使用しています。次回ほかの誰かが同じ情報を探した場合、クリックされた結果が上位に表示されます。他の人もクリックしていることから、探している情報の回答である可能性が高いからです。このプロセスおよびデータ収集は、すべての Google 検索で行われています。実のところ、この手法は Yahoo、MSN、Vivisimo でも採用されており、検索エンジンや大手のメディアサイトならどこでも使用している可能性があります。この機能がプライバシーの侵害か否か、ユーザに告知すべきか否か、といった問題は、ユーザ一人一人の関心や知識によります。

このリダイレクションという手法は、実際のところ、ブラウザとサーバとの間での往復通信を加えているため、訪問者のリンクパスを追跡する方法としては効率が悪いともいえます。

WhatWG (Web Hypertext Applications Technology Working Group) は、こうした非効率的な方法を避けるために、あるメカニズムを 設計しました。このメカニズムは、ping と呼ばれる新しいタグを基礎にしており、Web サイトの管理者は、必要に応じてこのタグをリンクに加えることができます。ユーザがこのタグの付いたリンクをクリックすると、ブラウザが目的のサイトに向かう際に、リンクのあるサイトに信号を送り何がクリックされたかを知らせます。ユーザは、寄り道をして時間を浪費することなく、目的の Web サイトに向かうことができるのです。

先週の火曜日、Mozilla の開発者である Darin Fisher が Firefox の開発版にこの機能を 追加した との アナウンス をしたところ、より安全で、より良い、プライバシーの守られた Web 体験に取り組む Mozilla の姿勢に対して、複数のメディアの間から疑問の声が上がりました。

まず、この機能が目的とするところを明確にしておく必要があります。上で説明されているように、ping タグは、今日実現されている以上の動作以外、何も許可されていません。このタグは、ユーザおよび Web サイト管理者双方の視点から見て、より効率的に物事を処理しようとするものです。これは、Firefox の Web ページ描画コンポーネントである Gecko への変更ですので、Firefox や Thunderbird (標準設定では無効にされる予定ですが)、Camino、SeaMonkey などのアプリケーションにも影響します。つまり、影響はブラウザに限られます:ユーザの PC にスパイウェアやウィルス、あるいはアドウェアをインストールするようなことには使用できません。この機能はまだ実装されていませんが、実装されたあかつきには、ユーザの判断で機能を無効化できるような 設定項目 が設けられる予定です。さらに、タグの付いたリンクから ping が送される際にはユーザに通知するというアイデアや、ping を受け取るサイトの数を限定するというアイデア、ping をオリジナルの Web サーバにのみ送るようにするというアイデアは、すでに検討課題として挙がっています。

この機能は、当初驚きをもって受け止められました。しかし、リダイレクションやその他の非効率的なテクニックの代替手段として、この機能が秘める利点は大きく、Mozilla の開発者が実装を試みるだけの価値があるものです。

個人的には、今日に至る Mozilla 関連の記録から、プライバシーやユーザの信頼性が最優先に扱われている、と自信を持って答えられます。また、今回紹介した機能も、ユーザに資するものであり、ユーザのプライバシー侵害につながることはないでしょう。

この機能をめぐる賛否両論を追うためには、slashdot.orgmozillaZine そして Darin のブログ投稿 で展開されている議論をご覧ください。

0コメント:

コメントを投稿

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< トップへ

Copyright (c)2005 by the Mozilla Links Contributors. Mozilla Links(TM) is a publication of the Mozilla Newsletter project under the Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 License.