2006/03/28

Google Safe Browsing で安全な Web を

原文:Stay safe with Google Safe Browsing by Percy Cabello -- Monday, March 27, 2006

個人情報やカード番号などを盗もうと、フィッシング攻撃や信頼できるサイトを装う Web サイトが多くなり、なんらかの保護機能が必要となってきました。

Firefox 2.0 にはアンチフィッシング機能が搭載される予定で、すでにフィッシングサイトであることが分かっているサイトに接続すると警告が表示されるようになります。最近になって、このアンチフィッシング機能は、すでに存在する Google Safe Browsing (現在はベータ版) をベースにしていると発表されました。これは Google が開発した Firefox 用の拡張機能で、閲覧するページすべてを、フィッシングサイトとして登録されたデータベースと照合します。偽のサイトにアクセスすると、Google Safe Browsing がそのサイトを暗くし、フィッシングサイトである旨を告げる大きな告知が表示され、警告を無視してページにアクセスするか、その Web サイトから離れるか、あるいは他の人もそのサイトを偽のサイトだと判断したことを Google が確認できるように報告するか、の 3 つの選択肢が表示されます。

Google Safe Browsing が動作している様子

来る Firefox 2.0 にはまた、他のフィッシング対策プロバイダにも対応したインターフェースを用意する予定ですが、それまでの間、より安全な Web 体験ができるよう Google Safe Browsing を試してみてください。

0コメント:

コメントを投稿

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< トップへ

Copyright (c)2005 by the Mozilla Links Contributors. Mozilla Links(TM) is a publication of the Mozilla Newsletter project under the Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 License.