2008/01/30

Thunderbird 3 はカレンダーなどを搭載予定

原文:Thunderbird 3 plans include calendaring and more by Percy Cabello -- January 29, 2008

Mozilla のメッセージ関連子会社のトップ David Ascher が Thunderbird 3 のロードマップの概要を投稿しました。これは昨年の Thunderbird 2 リリース以降、明確な行動計画の無かった Thunderbird の開発に新しい段階の始まりを告げることになります。

その影響度を最大限に生かすために、すでに大きなユーザ基盤をもつ Thunderbird のユーザをさらに増やすことが最大の目標になります。Mozilla の新しい子会社にとって、それはまた財務上の安定性を確保するために必要であり、大きなユーザ基盤がその手助けとなります。

近道の一つは、非常に要望の大きなカレンダー機能を Thunderbird に加えることにより、個人情報管理分野で Microsoft Outlook の対抗馬となることです。これは Thunderbird が、Sunbird のカレンダー機能をもつ Lightning をバンドルすることを意味します。Lightning を含まないバージョンが利用できるのかは明確になっていません。

そのほかの分野では、少なくとも Gmail と Yahoo! Mail の正確さに匹敵する優れた検索機能や、拡張機能の開発者により多くの制御とより少ない制限をもたらす強力なインタフェースがあります。後者は既に昨年の11月の STEEL の発表から開発が始まっています。これは Firefox 3 の FUEL と同じように開発者に簡単なインタフェースを提供することを目的にしています。

全体的なユーザ体験も改善されます。例えばメッセージのタブは複数のメッセージを同時に複数のウィンドウに開いて収拾が付かなくなるのを防ぐことができます。この機能はすでに Thunderbird の開発者向けリリースに含まれており、また Spicebird と Yahoo! Mail の最新バージョンにも見ることができます。

バックエンド関連では、Mork や RDF のような時代遅れのデータフォーマットに替わって、SQLite ベースの MozStorage (Firefox 3 に搭載)のように、管理が容易で強力なアクセスメカニズムを提供するデータストレージへの置き換えを予定しています。

David はまた、大まかなスケジュールを明らかにしています:最初のアルファがこの四半期に、ベータが Q2、次のベータがカレンダ機能を統合して Q3に、そして最終版が年末までに予定されています。この非常にアグレッシブなスケジュールに間に合わせるには、ここで取り上げた機能に絞って注力する必要があるでしょう。

しかし私は、プロジェクトがまだ生きていて Mozilla がメッセージングに関心を持っていることを示すためにも、Thunderbird が今年中にリリースされることが必須であると考えています。あれこれ言うより結果を出すことがすべてです。

Thunderbird にはまた、Spicebird プロジェクトという競合が現れています。これはすでに Thunderbird と Lightning の統合に成功し、XMPP ベースのインスタントメッセージも持つプロジェクトです。Mozilla は Synovel チーム全員を雇うことができるでしょうか?(訳注:Synovel Technologies は Spicebird を開発している会社) 最近の Mozilla による Humanized のヘッドハンティングをみるとその可能性はありそうです。

さらに、二度と聞くことの無かったThunderbird と Lightning を OpenOffice.org にバンドルするという話題があります。 OpenOffice.org には新しい Thunderbird が提供するかもしれない PIM が欠けており、これは OOo を Microsoft Office の代替として強力にアピールすることになります。

ラベル: ,

0コメント:

コメントを投稿

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< トップへ

Copyright (c)2005 by the Mozilla Links Contributors. Mozilla Links(TM) is a publication of the Mozilla Newsletter project under the Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 License.