2008/09/11

Firefox 3.1 の予定にプライベートモードが復活

原文:Private mode back in Firefox 3.1 plans by Percy Cabello -- September 10th, 2008

Chrome のリリースによる競争のプレッシャーを受けて、Mozilla はプライベートモードを Firefox 3.1 の機能リストで2番目のプライオリティに戻し、次の開発リリースである Beta 1(10月半ば)に向けて作業が進んでいます。

プライベートモードでは、検索、閲覧したウェブページ、ダウンロード、キャッシュされたページ、制限されたサイトに渡された認証情報などに関連したすべてのユーザ行動は通常モードに戻った時点で破棄されます。不名誉にも「ポルノモード」として良く知られた他にも多くの正しい使い方が考えられます。Mozilla Wiki から引用すると:
例えば、ユーザは医療情報を検索するときや、愛する人のために秘密の旅行や誕生パーティを計画しているときにはプライベートブラウジングを始めたいと思うかもしれません。利用可能なケースとしては配偶者をごまかすことから結婚指輪の購入まで幅広く考えられます。我々のユーザの裾野の広さからすると、具体的なユースケースは非常にバラエティに富んだものとなるでしょう。
この2週間で相次いで発表された Chrome の InCognito と Internet Explorer 8 Beta 2 の InPrivate により、今年末に予定されているリリースでのプライベートオプションの欠落は Firefox の明らかな欠点となるでしょう。Safari は約3年前のバージョン2でプライベートモードを追加しています。

「最近の Chrome の開発により、プライベートブラウジングモードは 3.1 の優先項目となった」。Chrome のリリース直後にトラッキングバグのコメントで Mozilla の Alex Faaborg はそうコメントしました。

Firefox の プライベートモードの仕様によると、確実に破棄できるよう可能な限り多くのデータをメモリ上に置くようにします。認証済みセッションはプライベートモードに入るときと出るときには失われます。

拡張機能開発者のために追加インタフェースが提供される予定で、拡張機能をプライベートモードに対応することができます。

まだ UI がどうなるかの定義されていませんが、少なくともひとつの重要な要求は、プライベートモードになっていることが明白であることです。例えば Chrome はタイトルバーの色を変えて、かわいらしくも怪しげなスパイの画像を表示します。



個人的には以下に示す IE8 のようなユーザにとってより分離された明白な表示が好きです。



必要となるバックエンド機能を含んだ実験ビルド(主に Ehsan Akhgari によって開発されました)がすでに存在しており、ナイトリービルドに組み込まれるまでそう長くはかからないでしょう。

Chrome の InCognito や IE の InPrivate のようなしゃれた名前はまだついていません。

Firefox の実装により、ちょうど過去数年の間にわれわれが見てきたタブブラウジング、アンチフィッシングとアンチマルウェア、ウェブフィード、セキュアな接続の通知、検索バーなどのように、プライベートブラウジングはブラウザの標準的な機能となるでしょう。第二次ブラウザ戦争が最初のときよりもっと長く続くことを祈りましょう!

ラベル: , ,

0コメント:

コメントを投稿

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< トップへ

Copyright (c)2005 by the Mozilla Links Contributors. Mozilla Links(TM) is a publication of the Mozilla Newsletter project under the Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 License.