2009/10/04

Mozilla プラグインチェックページが安全なウェブ体験に貢献

原文:Mozilla Plugin Check page to help safer web experience by Percy Cabello -- October 3, 2009 - 9:59 am

プラグインは効果的な更新メカニズムをもっておらず、多くのユーザが数バージョンも古いものを使用してるためにすでにパッチが提供されているセキュリティ欠陥にさらされています。Mozilla はユーザに安全なウェブ体験を提供するために、このプラグインの問題に取り組んでいます。

最近の Firefox 3.5.3 の更新では、Mozilla は更新後に表示されるウェルカムページでインストールしている Flash プラグインのバージョンチェックを開始しました。プラグインが最新でない場合は、最新バージョンを提供するページのリンクが提供されます。

予定通り、Mozilla はこの Flash チェックを他の著名なプラグインに拡大し、ユーザが最新バージョンを使用することにより、既知でかつ修正済みのセキュリティ脆弱性やユーザ体験に影響する他の問題の危険にさらされるリスクの低減を図ろうとしています。

これはまだベータ状態ですが、今すぐ試すことができます。不正な証明書の警告を無視して進むと、インストールされているプラグインがチェックされ診断結果が表示されます。

Firefox plugin check
いくつかのプラグインはそのバージョンを正しく通知しないので Firefox はそれらを常に「潜在的に危険性がある」と表示することがあることに注意してください。Adobe’s Reader プラグインがこれに該当します。私はReader 自身の更新メカニズムを利用して最新バージョンに更新しましたが、まだ警告が表示されます。

Mozilla によると、Windows Media Player プラグインや Real Player プラグインについても同様の問題があるようです。

Mozilla Web Development blog でコメントを残すことができます。

ラベル: ,

0コメント:

コメントを投稿

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< トップへ

Copyright (c)2005 by the Mozilla Links Contributors. Mozilla Links(TM) is a publication of the Mozilla Newsletter project under the Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 License.